2007年09月12日

なんとか勝つ

前半を見た限りでは楽勝にも思えたゲームでしたが、最後はハラハラでしたね。そう、まるで、今朝のフル代表と正反対。


ハラハラした原因はやはり前半にあったといえるでしょう。つまり、あれだけゲームを支配していたにもかかわらず、開始早々の1点しかとれなかったことです。


嫌な予兆は前半からありました。
・パスが弱い。
特に中盤での横パスは弱くて、カタールに狙われていました。

・ボールを奪ったあと、守備から攻撃の切り替えの遅さ。
せっかくいい形でボールを奪ってもチームとして連動して動き出さないので攻撃を仕掛けられない。結果、最終ラインでボールを回すことに。ただ、日程の厳しさを考えると仕方ないかもしれないですね。

・ペナルティエリア付近まで攻め込んだときの思い切りの悪さ。
ボールを受けて考えてしまうシーンも目につきました。強いシュートを打てるシーンが何度もあったし、今朝の松井のようにドリブルで仕掛けられるシーンもあったのに、よりきれいにパスを回そうとしたりしてチャンスをつぶしてました。


以上のような嫌な予兆が見え隠れしていたにもかかわらず、前半は決定的なチャンスも何度か作っていました。

しかし、結局1点のみ。その結果、カタールに勇気を与えてしまいました。
後半はむしろカタールの方がゴールに直結するようなプレーをみせていました。時差や移動距離を考えればカタールの方がコンディションが良かったのかもしれません。
そして、日本が1人少なくなって、いよいよ危なくなりました。実際、同点に追いつかれてもおかしくないシーンの連続でした。

それでも、どうにか守りきって、最低限の勝ち点3を手に出来ました。
このゲームでもディフェンスラインは完璧でした。水本、伊野波、青山は見ていて安心できます。
そしてこのゲームでも柏木は素晴らしかった。ディフェンスの貢献は大きいです。

それにしてもこのチームは点が取れないです。3試合で2点はさみしい。ワントップにしている分、中盤の水野や家長らがボールのない所でのフォワードを追い越していくプレーを増やさないと難しいでしょうね。

グループで1位にならないとオリンピックはないわけですから、まだまだ厳しいギリギリの戦いが続きますね。

posted by SR400乗りZ at 21:50| 滋賀 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
Swatch e-store(PC)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。