2007年11月14日

おめでとうございます

今日はACLの決勝戦の第2戦。第1戦のアウエーを1−1の引き分けに持ち込んだ浦和が今度はホームでセパハンを迎えました。

結果、2−0で勝ちました。ACLのチャンピオンになりました。おめでとうございます。


試合内容はというと、かなり試合全般にわたって一方的に押されました。試合開始からやはり浦和の選手たちの動きが悪かったのがはっきりわかりました。

例えば、ボールをキープしてても、周りの選手の動きがないからパスはつながらないし、結局縦に大きく蹴りだすだけのようなシーンが多かったし、ディフェンスの場面でも中盤から前はほとんどフリーパスにしていました。とにかく人の動きが少なかったです。

だから、あの偶然のスルーパスが永井に通ってそれを逃さなかったのは非常に大きかったですね。はっきり言えば、開始早々から、今日の永井だったらさっさと誰かと替えた方が絶対にいいと思ってましたから。スペースに出る動きがあるわけでもなく、かといってディフェンスのときに相手にプレッシャーを与えるでもなく。

ともかくラッキーゴールが決まって、リードしたのですが、間違いなく押していたのはセパハンでした。

それでも失点をしなかったのは最終ラインの踏ん張りにつきます。ホントにギリギリの線でした。闘莉王、坪井、堀之内の3バックが冷静に懸命にディフェンスしたことにつきます。


それでも、後半に入るといよいよ危なくなってきました。ホントにいつ点を取られてもおかしくない状況だったのですが、浦和にまたラッキーが訪れました。
何でもないバックパスをセパハンのゴールキーパーが止め損ねてコーナーキックにしてしまったのです。
そしてそのコーナーキックからの流れで追加点を奪うことに成功しました。
その前の時間帯では浦和はほとんど相手陣に入ることすら出来ない状態でした。相手のほんのちょっとのミスをうまくモノにしました。

その後もほぼ一方的に押し込まれましたが、どうにか0に押さえて勝つことが出来ました。


この試合で目立ったのは間違いなくポンテです。やっぱり素晴らしい選手ですね。後半息切れしましたが、攻守によく動いて浦和全体を前に引き出そうとしていました。それに比べると、ワシントン、永井のなんと動かないことか。まあ、ワシントンはまだ身体を張ってこれまた大きい相手DFと競り合っていましたが、永井は顔を出したのはホントにゴールのシーンだけ。ラッキーでした。

あとベンチワーク。見るからに浦和の選手の動きが鈍いのに、選手交代がかなり遅かった。だいたい、遅くても2点目が入った時点で、延長がなくなったわけだからすぐに手が打てたはずなのに、終了10分前まで動きませんでした。ラッキーなことにことなきを得ましたけど。


ま、そんないろんなラッキーに恵まれて浦和は勝つことが出来たゲームだったと思います。そのラッキーを呼び込んだのはあの満員のサポーターだったのかな?


posted by SR400乗りZ at 21:59| 滋賀 ☁| Comment(37) | TrackBack(1) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月08日

もう決勝Tに決まったとこ

CLグループリーグ第4節がありました。好調なところと、そうでないところ、いろいろありますね。


残り2ゲームのこして、決勝トーナメント進出を決めたのはイングランドで首位争いをしている両チームです。

マンUは4連勝で決めました。昨シーズンは3連勝のあとにまさかの足踏みで最終節までもつれましたが、今シーズンはあっさり決めました。テベス、ルーニー、クリスチアーノロナウドの若い才能ががそれぞれゴールを決めて快勝しました。
残りの1席はローマとスポルティングリスボンで争うことになりました。おそらくローマが決めそうですね。

3連勝中だったアーセナルはスラビアとアウエーで引き分けました。結果、残りゲーム連敗すると、スラビアが連勝したときに勝ち点で並びますが、当該チーム同士の勝ち点で上回るので2位以内を確保して決勝トーナメント進出が決まりました。
残りの1席はセビージャとスラビアの争いになるのですが、よほどのことがない限りセビージャで決まりでしょう。セビージャは初戦こそアーセナルにアウエーで敗れたものの、そのあと3連勝しています。


他はまだ決勝トーナメント進出を決めたチームはありません。意外と苦戦しているのはバレンシアですね。監督の交代があったり、最近リーガでも不調なので心配です。這い上がれるでしょうか。


あ、浦和。どうにか引き分けに持ち込みました。これで、ホームに期待が持てます。ただ、最近の浦和は以前のディフェンスの強さにかげりが出ているので、アウエーゴールを奪ったとはいえまだまだ安心は出来ないでしょう。


posted by SR400乗りZ at 08:43| 滋賀 | Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月03日

試合結果はふさわしい

ナビスコカップの決勝。結局ガンバが後半に1点を取って1−0でフロンターレに勝ちました。


テレビでは両チームとも攻撃的なチームという説明をしていましたが、その意味合いはかなり違っています。

ガンバは文字通り受け取っていいと思いますが、フロンターレの場合はちょっと違う。
ガンバはボールを支配して攻撃するチームですが、フロンターレの得意とするところはやはり、ボールを奪ってからの速いカウンター攻撃にあります。
前半も、後半もいくつかそういうシーンをフロンターレは作って決定的シーンを迎えたのですが、得点に結びつけられませんでした。フロンターレはジュニーニョやチョンテセがDFの裏に抜け出そうになるんですが、その後ろからの厚い攻撃がなかった。

一方試合全般を通して、やはり、ガンバがボール支配する時間が長く、攻撃も厚かった。決勝点も繰り返される攻撃の中で生まれました。
ただ、ガンバからすると、やっぱりもっと点が欲しかったところでしょう。ボールを支配している割に1点というのはさみしい。

内容からすると順当ですけど、もっと点差があってもいい気がするゲームでした。


posted by SR400乗りZ at 16:49| 滋賀 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

いやいや

ナビスコカップ決勝見てます。

前半は立ち上がりフロンターレが攻勢に出ましたが、徐々にガンバの支配率が高くなって、ガンバの方がフロンターレを押し込むシーンが増えました。

0−0で前半終わったのですが、ホントなら1−0でガンバがリードしていたでしょう。

というのはもちろん、審判が明らかなPKをどういうわけか取らなかったからです。
二川がフロンターレのディフェンスラインの裏に抜けボールにワンタッチしてキーパーもかわしたかに見えたのですが、キーパーがそのまま二川と衝突しました。これをPK取らないというのはほとんど責任の放棄のように思います。もちろん故意ではないのでレッドカードをゴールキーパーに出すのはかわいそうな気もしますが、そうでもおかしくないシーンでした。

こんなジャッジを決勝でやってしまう辺り、悲しくなりますね。そして、ハーフタイムのハイライトでそのシーンをカットしてしまうフジテレビ。気持ち悪い。

posted by SR400乗りZ at 14:40| 滋賀 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月01日

やったあ!

やりました!ドラゴンズ日本一です!感動です!嬉しいです!泣けます!


しかも、今日のゲーム。山井が8回までパーフェクトピッチング。9回も岩瀬がしっかり3人で抑えて1人のランナーを出すこともなく勝ちました!

相手のダルビッシュも好投しましたが、ドラゴンズがわずかなチャンスをモノにして1点を守りきり、第1戦の雪辱を果たしました。


クライマックスシリーズを全勝で終えたとき、日本シリーズも4連勝しちゃってほしいと、このブログでも書きましたが、第1戦戦負けたものの、実現しました。

ドラゴンズは負けた第1戦も含めて、ドラゴンズらしい野球が出来ていたと思います。確かに第2戦第3戦は大差になりましたが、基本は守備の野球。少ない点差でもしっかり守り抜く野球。後ろには岩瀬という絶対的な守護神がいるので、昨日のゲームが特徴的だけど、あと1点がすごく大きな意味を持ってくる。で、ゲームの組み立てが出来る。そんなチームだと思います。


今日のゲームでは、山井が8回までパーフェクト。点差は1点。落合監督はどうするのかなと思いました。しかし、9回は頭から岩瀬でいきました。レギュラーシーズンならともかく、短期決戦の日本シリーズ。やっぱり一番信頼できるのは岩瀬だし、これがドラゴンズの形です。良かったと思います。

もちろん山井でも3人で終わらせられたと思います。しかし、おそらくあの場面で山井続投の時、ランナーが1人でも出たらその時点でピッチャー交代だったでしょう。そうなるとファイターズに流れが行ってしまう恐れもあったとは思います。で、札幌に移動すると短期決戦はやはりわかりません。


日本一になるという執念がみせた好采配だったと思います。



いまはもう、とにかく、感動してます!ありがとう!

posted by SR400乗りZ at 22:43| 滋賀 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月28日

明日は移動日

日本シリーズ。昨年と同じ顔合わせ。昨日の第1戦の先発投手まで昨年と同じということでした。
残念ながら川上は初回の1球に泣いたわけですが、ゲーム内容はドラゴンズの方が勝っていたように思います。チャンスも相手よりも作れていたし。相手には1発のみ。結局2安打に抑えました。

ま、ダルビッシュからはそうそう点がとれないのは始まる前からわかっていたことですから、昨日の負けはある意味計算どおり。今日から、というより、今日が大事なわけです。


で、昨日の流れそのままにドラゴンズが快勝しました。
ヒットは8本でしたがファーボールを多く選んでチャンスを作りました。8点取りました。
守っても失点はソロホームランの1点のみで、4安打に抑え込みました。2試合で失点はホームランのみ、6安打しか許していません。
この流れで名古屋に帰れるのはいいですね。昨年の雪辱をぜひ果たしてほしいです。


落合監督は昨日のこと(そして昨年のこと)は忘れて今日の試合のことだけ考えてやっていきたいって試合後のインタビューで話してたけど、たぶん、今のドラゴンズなら純粋に勝てるって言う手応えがすごくあるんだと思う。そして、そんなことを感じさせる札幌での2試合でした。

posted by SR400乗りZ at 22:25| 滋賀 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月25日

近づくクライマックス

そうそうACL。
決勝での浦和の相手はセパハンに決まったようですね。川崎が準々決勝でPK戦の末に敗れた相手です。

アウエーでの戦いかた次第だとは思うけど、決勝の相手としてはやりやすいんじゃないでしょうか。川崎との対戦を見てもそんなに極端に強いというわけでもなさそうだし。第2戦をホームで戦えるし。はっきり言って条件は整いました。

やってみないとわからないけどね。

posted by SR400乗りZ at 08:03| 滋賀 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

すでに瀬戸際

残りの4グループのゲームがありました。昨日と比べると結構波乱がありました。


まず、最初に驚いたのが、バレンシア。まさかの敗戦です。ま、相手のローゼンボリはチェルシー相手にアウエーでも勝ち点を取っているだけあって、侮れないのは間違いないのでしょうけど、意外です。この前のリーガで点取り過ぎたのかもしれないですね。(笑)
チェルシーは順調に勝ち点を伸ばして、無敗の勝ち点7。残りの3クラブが団子になりました。バレンシアはホーム2つ確実に勝ち点をのばしたいところです。

そして、それ以上に波乱というか、ここまで3試合の結果がすべて波乱と言えるのがリバプール。3試合終えてまさかの勝ち点1の最下位。早くも瀬戸際に追い込まれました。今朝のゲームもシュート数、ボール支配率とも圧倒的に上回りながらも相手に少ないチャンスを決められ負けてしまいました。残り3戦、3勝しないとその先は難しいかもしれませんね。ま、出来ないチームではないと思うので、今後に期待です。
この組はマルセイユが首位。ポルトが続いてます。マルセイユとしたら、次は再びポルトと今度はアウエーで対戦します。ホームで引き分けてしまいましたが、寝ているリバプールが起きる前に眼下の敵をアウエーで倒してトーナメント進出に近づきたいところです。


残りの2グループはまあ順当でしょう。
順当とはいえ、3試合終えて、まだまだ、先が見えてきていません。混戦ですね。

マドリーは首位に立ちましたが、アウエー2試合残しているので、まだまだわかりません。他のクラブも十分にチャンスがあります。

ミランのグループは全くわかりません。ミランもアウエーで2試合残してます。もちろん下手をするとトーナメント進出できない可能性もあります。
2連勝だったシャフタールもミランに敗れたとはいえ、アウエーでした。今後2試合ホームで戦えるので可能性はかなり膨らんでいます。
中村のいるセルティックはまたしてもアウエーで勝ち点を取れませんでした。ホーム2試合残しているのでその2試合はどうしても勝ちたいです。そして最終戦がミランとのアウエー。おそらく勝ち点を取らないとトーナメント進出は難しいでしょう。セルティックも既に瀬戸際にいるといってもいいでしょう。


ここまで振り返って、予想外によかったクラブは、まずレンジャーズ、シャフタール。それから、フェネルバチェ。そしてアーセナルも予想外にいい結果だと思います。
逆に予想外に不調なのがリバプール、リヨン。まあ、リヨンは復活の兆しが見えているので心配なさそうですが、リバプールは・・・。そしてバレンシアも意外に苦戦してますね。

相変わらずスペインが好きなのでスペインのクラブにはがんばってもらいたいです。
posted by SR400乗りZ at 07:52| 滋賀 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

わりとはっきりしている4組

今朝久しぶりのCLグループリーグのゲームがありました。今朝ゲームのあった4グループは日程の半分を終えてわりと結果がはっきりしてますね。

特にグループFとHはイングランドのクラブがともに3連勝。
とくにマンUはアウエーが2ゲームあっての3連勝なので残りを考えるとかなり楽ですね。ライバルは2位につけているローマだけ。2位以内は間違いなさそうです。
一方アーセナルはホーム2ゲームだったのでまだまだ油断できないかもしれませんね。それでもやっぱりライバルはセビージャだけでしょう。

他の2グループはまだそこまではっきりしてません。
バルサのいるグループEは2連勝同士の対決で引き分けて、バルサとレンジャーズが並びました。そして、失速していたリヨンが復活の兆しで、以上の3クラブが二つのイスを争うことになりそうです。ただ、レンジャーズはアウエ−を2つ残しているのでどうでしょうか。
グループGはジーコ率いるフェネルバチェが大健闘です。アウエーをきっちり引き分けホームで勝って、勝ち点5。後半はホーム2ゲーム残しているので期待できそうです。インテルも順当に首位に立ちました。このままいくでしょうか。

明朝行われる残りの4グループはどうなるでしょう。不調のリバプール、ミランは勝ちきることが出来るでしょうか?そしてアウエーにめっぽう弱いセルティック。今度こそ勝ち点をあげることが出来るでしょうか?というか、このゲームで勝ち点を挙げられないとトーナメント進出は厳しいかもしれませんね。



さて、浦和。どうにか、決勝に進出できました。もちろんゲームを見てないのであれこれ言えないのですが、結果だけ見たら、予想外、期待はずれでした。
まさか2点取られるとは。アウエーで2点取って引き分けたので、これは浦和は楽勝かなと思ってたのです。しかし、さすが韓国王者でした。取り返しましたからね。
結局PKでどうにか決勝進出となりました。ラッキーでしたね。この運がこのまま決勝でも続いていくといいですね。

posted by SR400乗りZ at 00:19| 滋賀 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月20日

二年連続の

やったね!2年連続の日本シリーズ!今年こそ日本一!


ドラゴンズがクライマックスシリーズ5連勝で日本シリーズ進出を決めました。この勢いで日本シリーズも4連勝しちゃってほしいです!


posted by SR400乗りZ at 21:27| 滋賀 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月18日

アウト?セーフ?

クライマックスシリーズいよいよパリーグは北海道日ハムが勝ち抜いて、セリーグは中日と巨人の対決が始まりました。中日が予想通り先勝であと2勝です。今度こそ日本一になってほしいものです。

あ、メジャーもいよいよですね。松井稼頭央が活躍してますね。


野球はともかく、サッカーは国際試合がいろいろ行われてまして。ヨーロッパ選手権の予選が佳境を迎えています。

ここまでフランス、イタリアといったW杯の決勝を戦った両国を相手にまさかの大健闘をしてどちらかを蹴落とすかと思われたスコットランドでしたが、下位に沈んでいたグルジアにアウエーとはいえまさかの黒星。これでスコットランドにとっての最終戦イタリア戦には勝たなくてはいけなくなりました。ホームでイタリアを倒すことが出来るでしょうか?フランスも今は首位ですが最終戦はアウエーでウクライナ。意外と簡単にはいかなさそうですね。1試合多く残しているイタリアは次がスコットランドで、最終戦がフェロー諸島。フェロー諸島に引き分けることすらないと思うので、やはりスコットランド戦が大きな山になります。

他の組ではチェコ、ドイツ、ルーマニア、ギリシャが本戦出場を決めました。
オランダ、スウェーデン、スペインも、もう目の前に来てますね。苦戦しているのがイングランド。もしかするともしかするかもしれません。プレミアシップの各チームはヨーロッパで好調なのに、代表が本戦出られないとなるとかっこわるいですね。


南米はW杯予選が始まりました。早い!
アルゼンチンが好調なスタートです。リケルメ、メッシが活躍してます。すごいっす。


そして、日本でも代表のゲームがありました。大久保の活躍で4−1の快勝でした。大久保のゴールに向かう姿勢が生んだ2得点でした。特に1点目。素晴らしかったですね。

かたや、オリンピック代表は先制したものの相変わらず2点めがとれずに逆転負け。厳しい結果になりました。残りはホームでのサウジ戦とアウエーでのベトナム戦。どちらも厳しい試合になりそうです。とにかく最終予選では1ゲームに1点までしかとれていないので、攻撃陣の奮起に期待したいですね。次のゲームは森島が出場停止なのでいよいよ平山が復活しないといけませんね!

ま、オリンピック代表のゲーム、見ようと思ってたんだけど、気づいたら終わってたからね。内容がわからないよう・・・・。




posted by SR400乗りZ at 22:44| 滋賀 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月04日

びっくりな朝

CL。今日は波乱でした。やっぱり勝負事はやってみないとわからないですねえ。

リバプールがホームでマルセイユに敗れました。

そして、ミラン。アウエーとはいえセルティックに敗れました。

ほかにも、バレンシアがチェルシーにホームで負けたり、ブレーメンがホームで負けたり、ベンフィカもホームで負けたり、マドリーが引き分けたり、いろいろです。全体的に意外な結果になりました。

セルティックのグループDはシャフタールが2連勝で単独トップに立ちました。これも意外ですよね。セルティックにとっては嫌なライバルが出現してますね。ミランがやはり力が抜けているでしょうから、シャフタールとの争いになりそうです。勝ち抜くためにはアウエーで勝ち点が欲しいところです。

ほかのグループではリバプールの不調が目立ちます。2試合で勝ち点1。意外ですね。


次のゲームでグループリーグも折り返し。先が見えてくるでしょうか?


posted by SR400乗りZ at 07:20| 滋賀 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月03日

サッカー派?ラグビー派?

無理矢理なタイトルです。

だって、ラグビーのW杯やってるんですよね?私の中で全く盛り上がってないんですよ。ラグビー好きなのに。アメフトはもっと好きだけど、NFLはシーズン始まったばかりですから、やっぱりラグビーに盛り上がらないのはそれだけ、ラグビーの情報に触れてない証拠でしょう。テレビとか、テレビとか、テレビとか。テレビでやってるのかな?


そんなわけで、決勝トーナメントにどのチームが残っているのかすら知らないラグビーは置いといて、今朝、そして明日の朝にCLのグループリーグの第2戦が行われてます。

ものすごく意外なのはリヨンです。どうしちゃったのでしょう?一番力が劣ると思われたレンジャーズにホームで完敗。かんっっがえられへん。
レンジャーズがまさかの連勝です。セルティックも負けてられませんね。ミランを破っちゃえ!

同じ組のバルサも連勝です。最近のメッシは素晴らしいですね。またゴール。まだ20歳。かんっっがえられへん。CLとは関係ないけど、同じアルゼンチンからはアトレティコのアグエロも大活躍。19歳。かんっっがえられへん。すごいね。アルゼンチン。


リーガエスパニョーラとイングランドプレミアシップはホントに若い選手が活躍してますよね。得点ランクの上位に若い選手が顔をのぞかせています。
イングランドなら現在得点王のアーセナルのアデバヨルはまだ23歳。上位にいる同じアーセナルのセスクはまだ20歳。
スペインではトップの2人がメッシ20歳、アグエロ19歳。ほかにも上位にいるのがスナイデル23歳、ロッシ20歳など。

日本もがんばらないと。。。俊輔だ、高原だ、稲本だ、松井だ、なんて言ってないで、もっと若い選手が出てこないとね。


話を戻して、今朝の注目カードはマンU×ローマだったと思うんですが、ある意味順当にホームのマンUが勝ちました。
ジーコのフェネルバチェはアウエーで引き分けて、なんとグループ首位に立ちました。
そして、注目のセビージャも初勝利を挙げました。これから楽しみです。

そしてそして、明日のカード。注目がいろいろあるんですが、まずはバレンシア×チェルシー。バレンシアのホームでどんなゲームなるのか。
ラツィオ×マドリーもおもしろそうですね。そして、セルティック×ミラン。セルティックは昨シーズンの奇跡を再現できるでしょうか?

ま、とにかくリヨンにびっくりしたんですよ。


さてさて、アジアではACLの準決勝で浦和がアウエーで2−2のドローでした。一時は勝ち越してたので惜しい気もしますがアウエーで2点取ったのは大きいですね。ホームで堅い守備をみせれば決勝進出です。
ここまで来たらホントに開催国枠なんてかっこの悪い出場でなくて、堂々とアジア代表として世界クラブ選手権に出てもらいたいものです。

posted by SR400乗りZ at 23:23| 滋賀 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月26日

意外だナ

ACLは意外な結果になりました。浦和が敵地でも快勝して、川崎はホームで得点できず、PK戦で破れました。

浦和は相手の自滅に助けられたともいえますが、やはり開始早々にゴールを挙げたことで全北現代の焦りを誘ったことは事実ですね。このまま勝ち上がって、開催国枠でなくてアジア代表として世界クラブ選手権に出てもらいたいものです。

川崎はリーグ戦を捨ててまで今日のゲームにかけていたのですが、点が取れませんでした。ジュニーニョがちょっとケガをしているという話だったのですが、それも影響あったんでしょうか。残念です。でもイランのチームもよく守ったといえるでしょう。


ヨーロッパに目を向けると、やはり一番大きいのはチェルシーのことになるんでしょう。モウリーニョが辞任して、果たしてチェルシーは復活できるのか。
そんなイングランドはアンリが抜けたアーセナルがスタートダッシュに成功しました。セスク、そしてアンリが抜けたあとのエースストライカーのアデバヨルが活躍してますね。ライバルのマンUやリバプール、チェルシーが取りこぼしているというのもありますがとりあえずアンリの穴は感じさせない戦いぶりですね。

スペインは昨シーズン上位にいたクラブが無難なスタートを切っているようです。バルサもこの前のセビージャ戦に勝って調子が上がっていくといいのですが。

イタリアはローマ、インテルといった優勝候補がまずまずのスタート。セリエAに復帰したユベントスもまずまずといったところでしょうか。ミランはなかなか勝ちきれていないようです。昨シーズンもこんな感じでしたから特別不調というわけではないとは思いますが。

フランスは昨シーズンまで6連覇しているリヨンが不調です。バルサ戦もアウエーとはいえ完敗でしたし、近年にない苦しいスタートのようです。ただ、ここから調子を上げていくとヨーロッパでも活躍していくような気がします。

ドイツは昨シーズン大失敗だったバイエルンが無難なスタートを切ってます。高原、稲本のフランクフルトも昨シーズンの順位からすれば上々のスタートですね。ヨーロッパを狙えるくらいのところまで行けるといいですね。

ま、あとは中村俊輔がケガしてるのが気になりますね。チームも不安定な戦いで、今シーズンは昨シーズンのようなサプライズを起こせるでしょうか?レンジャーズが逆に好調なのでセルティックもうかうかしてられないですね。


サッカーも気になるけど、やっぱりNFLが気になりますね。テレビで見たいと切に思うのはNFLの方だったりします。が、テレビ買ってまで・・・という、今日この頃です。

posted by SR400乗りZ at 22:32| 滋賀 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月25日

ナイトツーリングした

秋分が過ぎて夜が来るのがいよいよ早くなりました。
そんな中、午後6時半くらいからミニベロで買い物がてらちょっと走ってきました。

いつも使ってるサイトがつながりにくいということなので、距離が測れるところでだいたいの走行距離を測ったところ21キロだそうです。帰ってきたのが8時過ぎでしたが買い物をしてた時間を考えると走行時間は1時間といったところでしょう。

途中、遠くに噴水が上がっているのが見えたので近くまでいってみました。つまり、大津港に行ってみました。

琵琶湖花噴水っていうらしいですよ。今まで遠くからは見たことがあったのですが、ライトアップされたのをこんなに近くで見たのは初めてです。

20070925119.jpg

20070925121.jpg


夜は難しいですね。ぶれる。

それはともかく、今夜は月が明るくて噴水じゃなくて、雲を眺めるのにはいい感じですね。星は厳しいけど。



昨日100キロ以上走って、今日はちょっと身体が痛いのでした。

posted by SR400乗りZ at 21:34| 滋賀 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月21日

無駄に走ったけど気持ちいい

本当は今日は朝早く夜が明けきる前に出かけて遠出してやろうと思っていたのです。ミニベロで。

行く先は、彦根か京都。

彦根なら距離はあるけどほぼ平坦。京都なら距離は短いけど山を越えないといけない。

そういうことを企んでたけど、朝早く起きられなくて、出かけたのは11時。とりあえず最近ハマっているものをゲットしようと草津へ。


草津にないから瀬田へ。

瀬田にもなかったので浜大津へ。あった。

無駄に遠いところから巡ってしまいました。

久しぶりにミニベロで走ったので汗かきました。というよりもむしろ夏のような暑さですね。最近。もう少し涼しければいいのに。


大津港の噴水。見えるかな?

20070921108.jpg

posted by SR400乗りZ at 21:14| 滋賀 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

様々なことが起こった日

サッカーの話。
CLのグループリーグが始まりました。順当に勝ったところ、意外な結果に終わったところ、様々ですね。

やっぱり意外だったのは、というか、大変なことになったのはチェルシー。モウリーニョが去ってしまいました。イングランドでも不調だったのですが、まさかホームでローゼンボリと引き分けるとは。。。そんなわけで、モウリーニョが解任されたみたいですね。なんか残念です。
同じ組ではバレンシアがアウエーでシャルケを倒して好スタートを切りました。

意外な結果に終わったのといえばやはりジーコ率いるフェネルバフチェがホームとはいえ昨シーズンのイタリア王者のインテルを破ったことでしょう。これで、フェネルバフチェも侮れないということを証明しました。

そして、本当はこれが一番意外だったんだけど、アーセナル×セビージャ。意外な大差がつきました。アウエーとはいえ、セビージャが快勝するかなと思っていました。


スペイン勢の残りバルサ、マドリーはホームで勝ちました。とくに、バルサは難敵リヨンに3−0の快勝で好スタートですね。もちろん一番の好スタートを切ったのはバレンシアだと思いますが。

ま、いずれにしてもまだ1試合です。




で、アジアではCLの決勝トーナメントが始まりました。日本からは浦和と川崎がトーナメントに進出しています。

浦和はホームで前回覇者の全北現代になんとか勝ちました。アウエーゴールを与えてしまったことが気になりますが、ワシントンがいればどうにかなる気がします。ま、アウエーで引き分ければ良いわけですから浦和の得意のカウンター戦術が生きるでしょう。

一方川崎はアウエーでしかもイランで引き分け、貴重な勝ち点1を得ました。ホームで勝てば文句なしで準決勝進出です。ただ、ここのところ川崎はJリーグでは不安定な戦いをしているのでどうなるでしょう。いずれにしても浦和よりは準決勝進出が期待できそうです。もし勝ち上がるとまた中東勢との対決になりハードですが、期待しちゃいます。


posted by SR400乗りZ at 06:41| 滋賀 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月12日

なんとか勝つ

前半を見た限りでは楽勝にも思えたゲームでしたが、最後はハラハラでしたね。そう、まるで、今朝のフル代表と正反対。


ハラハラした原因はやはり前半にあったといえるでしょう。つまり、あれだけゲームを支配していたにもかかわらず、開始早々の1点しかとれなかったことです。


嫌な予兆は前半からありました。
・パスが弱い。
特に中盤での横パスは弱くて、カタールに狙われていました。

・ボールを奪ったあと、守備から攻撃の切り替えの遅さ。
せっかくいい形でボールを奪ってもチームとして連動して動き出さないので攻撃を仕掛けられない。結果、最終ラインでボールを回すことに。ただ、日程の厳しさを考えると仕方ないかもしれないですね。

・ペナルティエリア付近まで攻め込んだときの思い切りの悪さ。
ボールを受けて考えてしまうシーンも目につきました。強いシュートを打てるシーンが何度もあったし、今朝の松井のようにドリブルで仕掛けられるシーンもあったのに、よりきれいにパスを回そうとしたりしてチャンスをつぶしてました。


以上のような嫌な予兆が見え隠れしていたにもかかわらず、前半は決定的なチャンスも何度か作っていました。

しかし、結局1点のみ。その結果、カタールに勇気を与えてしまいました。
後半はむしろカタールの方がゴールに直結するようなプレーをみせていました。時差や移動距離を考えればカタールの方がコンディションが良かったのかもしれません。
そして、日本が1人少なくなって、いよいよ危なくなりました。実際、同点に追いつかれてもおかしくないシーンの連続でした。

それでも、どうにか守りきって、最低限の勝ち点3を手に出来ました。
このゲームでもディフェンスラインは完璧でした。水本、伊野波、青山は見ていて安心できます。
そしてこのゲームでも柏木は素晴らしかった。ディフェンスの貢献は大きいです。

それにしてもこのチームは点が取れないです。3試合で2点はさみしい。ワントップにしている分、中盤の水野や家長らがボールのない所でのフォワードを追い越していくプレーを増やさないと難しいでしょうね。

グループで1位にならないとオリンピックはないわけですから、まだまだ厳しいギリギリの戦いが続きますね。

posted by SR400乗りZ at 21:50| 滋賀 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

続くか?

今朝は早く起きましたよ。

派手なゲームやりましたね。

前半いきなり2失点したときはどうなるかと思いましたが、スイスが2点差の罠にはまってしまいましたね。つまり、サッカーではよく2点差で勝っている方がもう1点を追加できなくて、逆に1点差につめられたときに、一気にバタバタして逆転されてしまうというパターンがあるのです。

そんなゲームでした。

さて、U-22もフル代表に続くことが出来るでしょうか?

posted by SR400乗りZ at 19:16| 滋賀 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月01日

栗東

結構書いたのに。

今日は、ツタヤにDVDを返した。

そのあとそのまま、東の方へプチツーリングに出かけた。

目的地を決めてなくて、草津方面に向かっていたが、結構頻繁に来ている所だったので飽きてきた。

琵琶湖から離れてR1を目指した。

途中道がわからなくなって、とりあえず栗東駅が近そうだったので向かった。

栗東といえば新幹線の新駅を作る作らないで滋賀県で話題になっている。

栗東駅に着いた。

img451.jpg

栗東駅の正面には池がある。
img452.jpg

栗東といえば競馬の馬の調教施設がある。馬見れるかな?

駅前の案内板を見てトレセンを目指す。

トレセンにいってみたけど、馬は見られなかった。

帰ってきた。帰りは下りで快適だった。


でも、歩道は走りづらい。自転車が走るようにしている歩道なのに走りづらい。走りたくない。


理由。

歩道の段差。

交差点で歩道に入るときのブロック(意味あるの?)。

歩行者。

自転車。

歩道そのものの道の悪さ。

やっぱり自転車は車道を走らないとね。ヘルメットして。

でも、ガソリン高くなってるし、温暖化がどうのこうのだし、限りある資源がどうのこうのだし、そう考えると、どうせ道路を作ったり整備したりするなら、もっと自転車が安全に快適に走りやすい道路にすれば、もっと自転車を利用する人が増えると思う。渋滞も減ると思う。

って思ってたけど、今日走ってて思ったのは自転車乗る人の意識が今のままだと自転車を利用する人が増えるとかえって危険かなって思ったり。危険と思ったのは自転車が快適に安全に走る環境が整ってない所ではあったけどね。

でも、やっぱりハードが整備されればそれを利用する人の意識も変わってくだろうし。

そんなことを思ったり。


結局朝9時過ぎに出て12時過ぎに帰ってきました。約3時間。走った距離は約50キロ。いろいろ含めてだからこんなものでしょう。

今日のルート。


書いたの消えると悲しいね。

posted by SR400乗りZ at 14:01| 滋賀 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Swatch e-store(PC)

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。